現在ホームページ リニューアル中です。

アニメーション以外の部分でも吸収したいと思うことが山ほどありました。【30代/男性/CGアニメーター/R.Fさん】

アニメーションエイド 受講生体験談

【30代/男性/CGアニメーター/R.Fさん】

Q1 AnimationAid クラス受講前はどのような状態でしたか?

Class1受講時は、CGアニメーターとして業界に入ってから4~5年ほど経っていた頃で、 仕事自体はそれなりに問題なくこなせるようになっていた時期だったと思います。 ただし、そのころはアニメーションの良し悪しの判断を感覚だけに依っていたところが多く、 成果物のクオリティにはかなりばらつきがありました。

Q2 その時のお気持ちはいかがでしたか?

アニメーションを体系的に学ぶことができる場を探していました。 自身のスキルアップのためというのももちろんですが、 会社の中で自分に部下ができたこともあり、 きちんと論理建ててアニメーションを教えることができるようになりたいという気持ちがありました。 また、ちょうどその頃友人が海外で働き始めたことも有り、 自分の中での海外への憧れが次第に大きくなっていった時期でもあります。

Q3 その状況によって仕事や進路について困っていたことなどありましたか?

部下に対して修正指示を出すときに、 なぜ修正が必要なのか、どのように修正すればいいのかを上手く伝えることができず、 無駄にリテイク数を重ねてしまうことが多々ありました。

Q4 それに対し、ご自身で何か対処などされましたか?効果はありましたか?

書籍やネット等でいろいろと情報を集めました。 最近では色々とアニメーション周りの情報を発信してくださる方が増えてきたこともあり、 アニメーションを分析するための語彙力が少し上がった実感がありました。

Q5 受講を決めたきっかけはなんでしたか?

AnimationAidができる以前、自分で色々と情報を探していたときに、 若杉さんやみゆきさんのブログに行き当たりました。 そのブログが自分の中ではものすごく勉強になっていたので、、 その方々から実際に教えを請うことができるなら間違いなくステップアップできると思い受講を決めました。

Q6 受講後、どのような改善・変化がありましたか?

アニメーションの講義部分が勉強になったのはもちろんのこと、 課題をもらって実践して添削してもらうという流れが大変刺激的でした。 頭のなかにアニメーションの12原則は入っているはずなのに意外と上手く使いこなせていなかったり、 実践を通して初めて12原則の意味が理解できたところがありました。 今まで感覚頼りだったアニメーションの良し悪しの判断に明確な理由付けができるようになり、 結果的に成果物のクオリティの底上げに繋がったと感じています。 また、同時に受講されている方々の作品にも刺激を受けましたし、 自分以外の方々への指導の仕方を拝見できたのもすごくいい経験でした。 それぞれのスキルレベルに対してどのようなアドバイスが適切なのか、 どのように助言すればモチベーションをあげられるのかなど、 アニメーション以外の部分でも吸収したいと思うことが山ほどありました。

Q7 同じような悩みを持っている方、受講を迷っている方へ一言メッセージをお願いします。

自身のアニメーションスキルを向上させたい方、 部下への指導の仕方に迷われている方、 海外就労したい方、 アニメーションがもっと好きになりたい方、 アニメーションに関わる方で現状に閉塞感や焦り等を感じている方がいらっしゃるなら、 間違いなくおすすめです! 講師の方々は悩みには真剣に答えてくださりますし、海外からの視点からは目からウロコなことが多いです。 受講者の方それぞれがいろんな考えを持っていて、その方からのアドバイスなどもいただけることがあります。 とにかく一歩踏み出したいならぜひ!