2017年4月6日

WORKSHOPS

Workshopは、アニメーションの技術に関するレクチャーと課題のレビューがメインとなるコースです。

基礎からワークフロー、ハイクオリティなショット制作方法などアニメーションの知識や見解を広げるのがクラスの目的です。毎週の課題をこなすことで技術の理解をさらに深めます。


授業の流れ:

  1. 課題をチェック
  2. アニメーション技術をレクチャーで解説
  3. 必要に応じてレクチャーで習ったことを使ったライブデモ
  4. 課題の説明
  5. 質問

クラスはすべて録画され、受講中と受講後2週間は繰り返し見なおすことができます。

必要なもの:

ウェブカメラ
ヘッドセット(雑音が入らなければウェブカメラ内蔵マイクでもOKです。)
Autodesk Maya が使えるパソコン(Windows Mac どちらでも可)
Autodesk Maya 3Dアニメーションソフトウェア
※現在学生の方は、Maya学生バージョンが無料でダウンロードできます。
(商用目的には利用できません。Autodeskサイトの利用資格と条件をお読みください。)

クラス時間と期間

週1回の2.5時間
7週間
時間曜日は講師によって異なります。

授業料:

7万5千円
(初回学生割引、受講生割引 5000円)


Workshop1では、アニメーションの基礎であるアニメーション12原則を解説。12原則を使う課題をこなすことでその理解を更に深めます。

申し込み資格:

PREP CLASS の課題(バウンシングボール)を制作&提出した人

課題:

1 3種類の重さの違うボール
2  テールアニメーション  ペンデュラム
3 ポーズ
4 机たたき
5 ウォーカージャンプ


Workshop2では、ショットのブロッキング、リファレンスの使い方、プランニング、スプライニングなどアニメーションのワークフローを課題をこなしながら段階的に学んでいきます。課題は、ボディメカニクス・体の動きが中心となるキャラクターアニメーションです。

申し込み資格:

Workshop1 を受講した人。
それ以上の技術を有する人。(デモリールの提出が必須です。)

課題:

1 ウォークサイクル
2 バストアップ 振りむき
3 フルボディー 腕を上げる 足を上げる
4  フルボディー立ち上がる 座る


Workshop3では、動きでキャラクターの感情の変化を伝えるパントマイムのショット制作を行います。ボディメカニクス・体の動きを更に理解し、キャラクターアニメーションの技術の向上を目指します。

申し込み資格:

Workshop2 を受講した人。
それ以上の技術を有する人。(デモリールの提出が必須です。)

課題:

1 ウェイトリフト 重いものを持ち上げる


事前に用意していただいたダイアログを使いフェイシャル、バストショットの制作を行います。プランニングからポリッシュまでのアクティング基礎を学びます。

申し込み資格:

Workshop3 を受講した人。
それ以上の技術を有する人。(デモリールの提出が必須です。)

課題:

1 フェイシャルまたは、バストショット ダイアログ有り


事前に用意していただいたダイアログを使いショット制作を行います。海外就職でも通用するデモリールに入れることの出来るショットを目指します。何度でも繰り返し受講していただけるアドバンスクラスです。

申し込み資格:

Workshop5 を受講した人。
それ以上の技術を有する人。(デモリールの提出が必須です。)

課題:

1 ショット制作