現在ホームページ リニューアル中です。

絵を描く、ドローイングをするというコトの敷居をこんなにも下げてもらえるとは思ってもいなかったです。【30代/女性/フリーランス/YSさん】

アニメーションエイド 受講生体験談

【30代/女性/フリーランス/YSさん】

Q1 AnimationAid クラス受講前はどのような状態でしたか?

書籍でジェスチャードローイングに興味を持ち、ボーンデジタルさんの書籍などをもとに独学で勉強・練習をしていましたが、「ジェスチャードローイングとは」という部分が自分の描く絵に対してどう影響があるのか、確信が持てずにいました。

Q2 その時のお気持ちはいかがでしたか?

とてももどかしかったです。

Q3 その状況によって仕事や進路について困っていたことなどありましたか?

「どうしたら、ディズニーのようなあのしなやかな、柔らかな、美しい表現ができるようになるんだろう」とずっと悩んでいました。

Q4 それに対し、ご自身で何か対処などされましたか?効果はありましたか?

ドローイング書籍を読んで、自分なりに勉強して、見よう見まねでラインを意識するというところまでは出来るようになっていたと思います。

それ以上に、「ジェスチャードローイング」というものを知ることが出来たおかげで、AnimationAidのジェスチャードローイングクラス、唯先生にお会いできたということが何よりもありがたい効果だったと思っています。

Q5 受講を決めたきっかけはなんでしたか?

唯先生のインスタグラムで投稿されていた、ジェスチャードローイング、スケッチを見て。

この人から学びたい!と思いました。

Q6 受講後、どのような改善・変化がありましたか?

「伝えるとは」という部分はまだまだ体現できていないとは思うのですが、そうであっても以前描いていたぎこちない人物ドローイングから一歩踏みでた「理想的な人物ドローイング」「意味あるジェスチャー」「身体を利用した表情・感情を表す」といったことができようになってきたと思います。

初心者丸出しで恥ずかしいの「全身を描く楽しさ」「全身をつかってフルに表現する必要性」を知れたのはとてもありがたいです。

Q7 同じような悩みを持っている方、受講を迷っている方へ一言メッセージをお願いします。

プロを目指されている方だけでなく、趣味の延長線で…という方にもジェスチャードローイングクラスは楽しんで受講できると思います。

課題を提出するにあたって「ここ大変…難しい…」「頭ではわかっても、それが線で表現できない~」とくよくよすることも多々あったのですが、フィードバックをもらうタイミングで「ああ~これ大変だよね!難しいわ~!わかる!」と共感して頂け、そのうえで難しいなあとおもった構図、ポーズが「なぜ難しいのか」ということをコツであったり、見るべき場所であったり、捉える場所を教えてくださるので本当にありがたかったです。

また、「描きやすいポーズを選びつつ、やはり難しそうだなとおもうポーズも挑戦していきたい!」そんな気持ちにこたえてくださって、「難しいよね~!わかる!で、これはなんで難しいかというとね」という解説をしてくださるので、次へのステップアップとして「もっと自分がどのあたりを理解していったら上手くなれそうか」ということを可視化してくださるのが本当にありがたいです!

絵を描く、ドローイングをするというコトの敷居をこんなにも下げてもらえるとは思ってもいなかったです。

もし「絵を描くことがつらくなってきた」「もう上手くならないのかな…という不安」「どうしたらいいか分からない」と絵に対して前向きになれなくなってきた方は、ぜひ唯先生の授業を受けてみてください。

技術が上がるだけでなく、心が楽になって、楽しく絵を描けるようになりますよ!