現在ホームページ リニューアル中です。

ボディーアクティングクラス

セリフや効果音を使わず、ボディーアクティング(キャラクターの体の動きのみ)でストーリーや感情を伝えるショットを作っていきます。 また、海外の映画スタジオと日本のゲーム会社で働いた経験をもとにアニメーション、ボディーアクティングに関するレクチャーをしていきます。

講師



園田 大也 / Hiroya Sonoda
シニアアニメーター

2011年にゲーム会社でインゲームアニメーターとしてキャリアをスタート。
その後バンクーバーに移り、2016年に現在のSony Picutures Imageworksに入社。

主な参加作品は 『スパイダーマン : アクロス・ザ・スパイダーバース』 (2023年公開予定) 『ジェイコブと海の怪物』 (2022) 『フェイフェイと月の冒険』 (2020) 『スパイダーマン : ファー・フロムス・ホーム』 (2019) 『スパイダーマン : スパイダーバース』 (2018) 『絵文字の国のジーン』 (2017) 『コウノトリ大作戦!』 (2016) 『ソーセージパーティー』(2016)

ホームページ : https://sonohilo.wixsite.com/hiroya-sonoda

授業の流れ

    1. 課題をチェック
    2. ボディーアクティングに関することのレクチャー
    3. 必要に応じてレクチャーで習ったことを使ったライブデモ
    4. 課題の説明
    5. 質問

クラスはすべて録画され、受講中、受講後半年は繰り返し見なおすことができます。

必要なもの

ウェブカメラ
ヘッドセット(雑音が入らなければウェブカメラ内蔵マイクでもOKです。)
Autodesk Maya が使えるパソコン(Windows Mac どちらでも可)
Autodesk Maya 3Dアニメーションソフトウェア
※現在学生の方は、Maya学生バージョンが無料でダウンロードできます。
(商用目的には利用できません。Autodeskサイトの利用資格と条件をお読みください。)

クラス時間と期間

週1回の2.5時間
8週間 ライブクラス
時間曜日は講師によって異なります。

授業料

一般 130,000円(税込み)

申し込み資格

アニメーション3 を受講した人。
それ以上の技術を有する人。(デモリールの提出が必須です。)
講師によるアニメーション技術チェックがあります。

受講申し込みはこちらから