現在ホームページ リニューアル中です。

講師紹介

アニメーションエイド代表
シニアアニメーター (Sony Pictures Imageworks)
藤原 淳雄 フジワラアツオ

大阪府出身。東京でCGデザイナーとしてキャリアを開始。
4年後の2006年よりカナダに移住し、CM・TVシリーズ・
ゲーム・映画など様々なジャンル、複数の会社で経験を積む。
オンラインスクールAnimationAidの発起人であり、
2016年初頭の開校後は同校の講師、運営にも携わっている。Youtubeチャンネルで動画も配信中。

バンクーバーのSony Pictures Imageworksに所属

主な参加作品
『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』(2013)『ピクセル』(2015)『スーサイド・スクワッド』(2016)『ソーセージ・パーティー』(2016)『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)『絵文字の国のジーン』(2017)『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?! 』(2018)『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 (2019年)
現在は、グレン・キーンが監督をする『オーバー・ザ・ムーン』(2020年公開予定)の制作に参加中。
AnimationAid http://animationaid.com/
Twitter: https://twitter.com/atsuox
YouTubeチャンネルhttps://www.
youtube.com/channel/UCwezSVWIfoOb5YB0ks8fDVw

 

アニメーションエイド 共同代表
CGアニメーター(Sony Pictures Imageworks)
若杉 遼I

2012年にサンフランシスコの美術大学Academy of Art Universityを卒業後、 Pixar Animation StudiosにてCGアニメーターとしてキャリアをスタート。 2015年よりサンフランシスコからカナダのバンクーバーに移り、現在はSony Pictures Imageworksに所属。 映画スタジオでアニメーターとして仕事する傍ら、3DCGアニメーションに特化したオンラインスクール 「AnimationAid」の創設者として、運営の他、講師として教えている。 これまで参加した作品は『アングリーバード』(2016)、『コウノトリ大作戦』(2016) 『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』(2017)『スモールフット』(2018)『スパイダーバース』(2019)などがある。 『スパイダーバース』は2019年アカデミー賞長編アニメーション部門受賞。

シニアアニメーター/リードアニメーター
アール・ブラウリー/Earl Brawley

アメリカ、コロラド州出身。2006年にバンクーバーフィルムスクール(VFS)を卒業。東京に移住後、ポリゴン・ピクチュアズ、OLMデジタル、マーザ・アニメーションプラネットにて、アメリカのTVシリーズやゲームシネマティクス、映画など複数のプロジェクトに参加。2015年、バンクーバーのSony Pictures imageworksに入社。プロジェクトに応じてリードアニメーターもしくはシニアアニメーターとして制作に参加している

アールのアニメーションブログ
earlsanimationblog.blogspot.com

シニア モデラー(Sony Pictures Imageworks)
石井 伸弥(いしい しんや)

愛知県出身。2010年San FranciscoのAcademy of Art University在学中にLos AngelesのMethod StudioにてCGモデラー(インターン)
としてキャリアをスタート。その後 SonyPictures Imageworks,  Dremeworks Animation,  Blizzard Entertainmentを経て、
2014年よりバンクーバーの SonyPictures Imageworksに所属。これまで参加した作品は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」「アングリーバード」「スーサイド・スクワッド」「スパイダーマン・ホームカミング」「キングスマン・ゴールデン・サークル」「スパイダーマン・スパイダーバース」など他多数。

ストーリーボードアーティスト
栗田 唯 氏

高知県出身。2012年にサンフランシスコのアカデミー・オブ・アート大学大学院に入学。Blizzard Entertainmentにてストーリーボードアーティストとしてキャリアをスタートし『オーバーウォッチ』や『ハースストーン』などの短編作品に携わる。その他Marvel StudiosのTVシリーズに参加し、フリーランスを経て2018年8月よりMARZAにて活動中。

シニアアニメーター(Double Fine Productions)
リチャードソン・幸 / Miyuki Maruyama Richardson

東京都出身。高校卒業後、2005年にアメリカ留学、De Anza College卒業後、San Jose State UniversityのAnimation/Illustration科に編入し2012年卒業。その後、Doodle Pictures Studiosでキャリアをスタート、2014年にサンフランシスコのDouble Fine Productionsへ移籍、現職。現在は今夏発売のゲーム『RAD』で多くのアニメーションを担当する。アカデミー賞ノミネート短編『ダム・キーパー』に携わるなど、短編映画制作にも数多く参加。現在はプライベートで短編映画も製作中

アニメーター(Weta Digital)
Hiroyuki David Yabu

トロント生まれの日系帰加二世。
2003年にシェリダンカレッジ・イラストレーション科を卒業。その後、バンクーバー・フィルム・スクールにてアニメーション科を専攻。特別優待プログラムを経て2005年卒業。

2006年、カナダ、ケベック州にあるHybride Technologies入社。
VFX映画スタジオからアニメーターとしてのキャリアをスタート。『300』『アバター』などの大作に携わる。

2010年、Modus FX入社。
リードアニメーターとしてプロジェクトに携わる。VFX映画プロジェクトの他、フルCG映画も数作経験。

2013年、Framestore Montreal入社。
『美女と野獣』(2016)『熊のパディ
ントン』(2016)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)などのキャラクターアニメーション担当。

現在はWeta Digitalに在籍。
アニメーターとフェイシャル・アニメーター兼任。近年はフェイシャル・アニメーションに専念。

【主な参加作品】
『ジェミニマン』(2019)
『アベンジャーズ:エンドゲーム』(2019)
『アンブレラ・アカデミー』(2019)
『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』(2018)
『猿の惑星:聖戦記』(2017)

高橋 康彦
シニアアニメーター

中村 俊博
アニメーター